アーカイブ

二分の一成人式の頃

ゴールデンウイークも過ぎ成人式の仕事が一段落して、いろんなキャンペーンやモデル撮影をしているところです。
七五三、二分の一成人式、十三参り、立志式とモデル募集したところ一番人気だったのが二分の一成人式でした。

IMG_2833

20歳の半分の10歳で二分の一成人式。
安直のような気がしますが、撮影を繰り返していて10歳の頃って奥深いものなんだなと最近気付きました。
逆に、20歳で振袖で成人式というのも考えてみれば安直なのかもしれません。
でも、古来より節目に晴れ着を着て祝うことはあった事。
二分の一成人式も節目として定着してきたという事でしょうか。

とりあえず20歳で成人とするならちょうど中間です。
親としてもこの辺りが中間地点ではないかと思うようになりました。
子供は夢を持って成長の真っ只中。
じつは親も仕事や生活、また、子育てに充実した日々を過ごしている時期だと思います。
普通に過ぎてゆく時間ですが、二分の一成人式なる節目を作ってちょっと立ち止まってみれば、輝く景色が見えるのではないでしょうか。

 

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらから。

サカヰ写真館の撮影の様子など最新の動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094
地図はこちら

フェイスブックはこちら

インスタグラムはこちら

ツイッターはこちら

二分の一成人式に物語が浮かび上がる

昔はなかった二分の一成人式

二分の一成人式、昔はなかった行事です。
もっとも、成人式にしろその昔はありませんでした。
ちょっと気になってネットで調べてみたら1946年埼玉県蕨市で行われたのが最初だそうです。
成人式の歴史があっての二分の一。
文字通り、20歳の半分の10歳を祝う行事として生まれ、学校行事として広まってきました。

m10IMG_1835

三つのお願い

成人式も七五三もそうですが行事とともに記念写真が生まれます。
二分の一成人式も普及とともに着物で写真を撮る方が増えてきました。
でも、着物を着ただけでは普通の写真です。
もっと物語がにじみ出るような写真にしたいと三つのお願いをしています。
(1)今頑張っていることが分かる物、または、大切にしている宝物などお持ちください。
(2)好きな言葉を色紙に書いてください。
(3)生まれてから今までの思い出の写真を10枚から20枚くらいお持ちください。

写真を選ぶのは難しい

さて、打ち合わせで三つのお願いをすると大体一番目はその場で決まります。
親も子供も「ああ、あれね」、迷っても「それじゃあ、あれ?」くらいです。
二番目は即答が難しいので「当日まで考えておいて下さい」とお願いしています。
意外に難儀するのが三番目のようです。
1年で1〜2枚の計算ですが、絞り込むのが難しい。
その結果、たくさん持ってこられて
「あとはお任せします」
なんて言われることもしばしば。
見てみると、なるほどどれも捨てがたい写真ばかりなのです。

でも、それで気付いたことがありました。
写真は子供の成長の記録でありながら、同時に、親の気持ちや眼差しの記録でもあるのです。

親の眼差しとプロの技の合体

今回はたくさんのスナップ写真を入れてみました。
まあ、それでも結構迷って絞ったのでしたが・・・。
多くのスナップを入れてスタジオ撮影の写真が薄れるかと思いきや、効果は逆。
両方相まって相乗効果になっているのは新しい発見でした。
動画の可能性を改めて感じた次第です。

 

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらのホームページから。

サカヰ写真館の撮影の様子など最新の動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094
地図はこちら

フェイスブックはこちら

インスタグラムはこちら

ツイッターはこちら

二分の一ではない100%充実の二分の一成人式

誰でもあった10歳の頃

まだ子供、もう子供じゃない
よく耳にしそうなフレーズですが
そんな境目はどこにもありません。
考えてみれば成人式もそうです。
子供と大人の境目もありません。
ま、法律上の区別としての20歳はしょうがないとして・・

でも、面白いもので「二分の一成人式」と呼び、
十歳を祝うイベント化すると
今まで見えなかった10歳の世界が見えてくるような気がします。

IMG_2020

境目ではない境目

小学4年生は小学校卒業、中学校入学のような大きな境目はないのですが、以外と目に見えない境目かもしれません。

二分の一成人式の記念写真を撮っていて気付いたことがあります。
小学4年生の皆さんは学校の勉強の他にいろんなことをやっている、楽しんでいる、頑張っている。
スポーツであったり、オシャレであったり、音楽だったり、本が好きだったり・・・もう書ききれないくらい多種多様、沢山ある。
それも一人であれもこれもしているのが普通です。

もっとも楽しいことだけ聞くからそうなのかもしれません。
悩みもあるかもしれません。
でも、間違いなく多様で、可能性に満ちて輝いている時代なのです。

 その時代のポートレートは・・・

この時期は意外とかしこまった写真は撮らない時期です。
二分の一成人式はまだ歴史の浅い行事ですが
それがきっかけで肖像写真が残るとすれば
貴重な一枚になるに違いありません。
子供にとっても、そして、親にとっても。

 

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらのホームページから。

サカヰ写真館の撮影の様子など最新の動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094
地図はこちら

フェイスブックはこちら

インスタグラムはこちら

ツイッターはこちら

二分の一成人式

また一つ加わる宝物

赤ちゃんの時から来ていただいているT君。
今回は二分の一成人式記念写真を撮っていただきました。
動画の編集に小さい頃の写真を何枚かとお願いしたら、
当写真館で撮影した写真をごっそりと持ってきてくださいました。
思い出がこうして残るこたはとても嬉しいことです。
今回の写真、そして、動画もまたその中に加わります。

sb10IMG_1569

 誕生から小学校入学まで

お子様が生まれて小学校に入学するまでは
お宮参り、百日祝い、お誕生日、七五三、入園、入学などなど
人生のイベントも多く、写真を撮る機会も沢山あります。
記念写真は別にしても、子供の成長に合わせて
親もまた歩み始める時期ではないでしょうか。

さて、小学校に入学すると・・・
学校の行事やスポーツ大会、あるいは音楽の発表会など
いろんな行事がたくさんあり、親同士のつながりも深まっていきます。
でも、どれも団体やグループの行事です。
本人、家族の記念日はと考えてみると中学、高校の入学、卒業はあるにしても
・・・次は成人式、なんてことになってしまいます。

親もちょうど半分、二分の一成人式

お子様の成長を見守り、成人するまでがひとまずの親の役目とするなら、
お子様が十歳、二十歳のちょうど二分の一の時、
親もまた二分の一ではないでしょうか。
この時期に写真を撮る機会がなかなかありませんでした。
学校行事から広まった二分の一成人式。
こじつけのような行事ですが、それをきっかけに記念写真が残るとすれば、
親にしても子にしても貴重な宝物になるに違いありません。

 

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらのホームページから。

サカヰ写真館の撮影の様子など最新の動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094
地図はこちら

フェイスブックはこちら

インスタグラムはこちら

ツイッターはこちら

S君の二分の一成人式、トランペット頑張っています

学校で始まった二分の一成人式

十歳は二十歳の半分、だから、二分の一成人式。
とってつけたような安直なネーミングなのですが、じつは、なかなか良くできていて、これを最初に名付けた方は相当センスのある方だと思います。

1210IMG_1278

正確に調べたわけではないのですが、ネットでさっと眺めた範囲では学校行事から始まり、普及したようです。

昔も小学生の頃、「赤ちゃんの頃からそれまでの写真を何枚か持って来なさい」のようなな授業があったはずです。
生い立ちを学んで親に感謝する。そして、将来を展望する。
そんな学習だったように思います。

それを二分の一成人式と称してそれをイベントにした。
親まで参加する行事になった。
親への感謝状を読んだり渡したり、合唱で盛り上げたりする・・・。
グログを検索すると「思わず涙が出た」なんて話もすぐ見つかります。
もっとも、地域や学校によっても内容も温度差も千差万別です。
撮影した方に聞いてみても、やったという方、やらなかったという方、様々です。

着物で写真を撮りませんか

当写真館での本格的取り組みも7〜8年くらいになります。
当時は「なにそれ?」だったのですが、最近は言葉の説明をしなくて済むようになりました。

二分の一成人式の記念写真は
着物を着た写真を撮るだけではないと考えています。
小さい頃の思い出を振り返ったり、
夢中になっていることや大事な宝物などなど
今の様子を織り込む取り組みをしています。
親子共々に思い出に残るシーンを目指しています。

 

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらのホームページから。

サカヰ写真館の撮影の様子など最新の動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094
地図はこちら

フェイスブックはこちら

インスタグラムはこちら

ツイッターはこちら

写真館昔話。白黒の時代から4×5の時代まで。

せめて一週間に一回くらいは更新をしようと思いつつ
何かしらテーマのようなものが思いつかないと
ワードプレスのブログは書きにくいのでした。
それで、昔話でもしてみようかと思いついたのでした。

写真館の流れを振り返ってみる

といっても、明治までは遡れませんので
白黒からカラーに変わる辺りからスタートします。

白黒の時代は写真館の写真は密着プリントが普通でした。
つまり、ネガのサイズ、イコール、写真のサイズ。

撮影方法はポーズを決め、照明をし、ピントを合わせ、
フイルムを詰めて、カメラのシャッターを設定し、
表情や微妙なポーズやしぐさを誘導し・・・
シャッターを切る。

当然、連写なんてありません。

4×5の時代

白黒時代は各写真館に暗室が有りプリントは自家製でした。
カラープリントに移行して行く過程でプリントはラボの仕事になりました。
初期の引き延ばしには限界が有り
フイルムは4インチ×5インチの、業界用語では「しのご」4×5が主流になります。

撮影方法は白黒時代とほぼ同じ。
業界用語でいえば、型物写真の時代が続きます。

時代は高度成長。
人類が初めて月に行った頃の話。
ブライダル産業が目まぐるしく急成長。
やがて、ブライダルのバブルが訪れます。

今日はここまで・・・

今日の動画

話の内容となんら関係ないのですが、
兄弟で七五三と 二分の一成人式記念と一緒の撮影が続きましたので載せてみます。

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらまで。

サカヰ写真館の撮影の様子など動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094

地図はこちら