アーカイブ

入学記念写真を着物でも撮ってみませんか 米沢の写真館

着物での入学記念写真はいかがでしょうか。
入学式に着物で出席とまでも行かなくても、記念写真なら簡単に実現できます。
男の子も七歳の七五三はないのですがこのタイミングなら着物の記念写真が残せます。
「ピカピカの1年生」というキャッチコピーがありましたが、真新しいランドセルを背負った姿はそれだけで初々しいもの。
それが着物姿になるとまた違った可愛らしさが出てくるように思いませんか。

もちろん、入学式での服装でも記念写真がメインです。
それに着物の記念写真が加われば2倍の楽しい思い出になること間違いなしです。

ただいま、着物での入学記念写真のモデルを募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

また、入園・入学の記念写真は3月まで前写しキャンペーンをやっています。

友だち追加

上のLINE@からのお問い合わせも大丈夫です。
登録していただいた方にはキャンペーンのご案内など差し上げます。
また、登録していただいた方だけへの特典などあります。
お気軽にボタンを押してみてください。

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらから。

サカヰ写真館の入学記念写真の動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094
地図はこちら

フェイスブックはこちら

インスタグラムはこちら

ツイッターはこちら

 

着物でランドセル、入学のモデルを募集します

入園、入学のモデルを募集します。
入学モデルには着物を着て撮影していただきます。
じつは去年までは着物でランドセルを背負うなんて発想が全くありませんでした。
卒園式に着物で出る方が結構あって卒園記念に着物の写真は普通に撮ってはいたのです。
でも、入学記念となると洋服にランドセルという固定観念に囚われていました。

考えてみれば卒園と入学はセットです。
着物で卒園記念と洋服での入学記念と一緒に撮影するお客様がいらっしゃいました。
一通り洋服での入学記念撮影が終わり着物に着替えて卒園記念という流れです。
着物に着替えたら側にランドセルがありました。

ふと思いついて背負ってもらったらこれがとてつもなく面白いのでした。
七五三とは全く違うハイカラな着物の世界です。

今年の春に何名か実験的に撮影してみたのですがどれも例外なく面白く、お客様にもこんなのがあるんですねと楽しんでいただきました。
来年は積極的に着物での入学記念写真もお勧めしようと思っています。

入園、入学のモデル募集の詳細はこちらをご覧下さい。

お問い合わせはこちらから。

最新の入学記念の動画をこちらでご覧下さい。

地図はこちら

友だち追加

フェイスブックはこちら

インスタグラムはこちら

ツイッターはこちら

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなど、お気軽にお問い合わください。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094

入園、入学記念写真は前写しがおすすめ

前写しのメリットなど

今年は米沢にしては異常に雪が少なくて、まだ2月なのですが春のような陽気になっています。
スタジオの撮影も春めいてきました。
入園、入学、それに、卒業式の前写しなどが続いています。

yui4IMG_4560

前写しのメリットはゆっくりお支度ができて、十分な時間をかけてゆったり撮影できることにあります。
記念写真一枚撮れば済んだ時代には前に写す必要がありませんでした。
それがブライダル始め、成人式、卒業式なども前写しが主流になりました。
当写真館の場合もブライダルはほぼ100%、成人式、卒業式も9割近くは前写しです。

違う理由で前写しがおすすめ

入園・入学の場合、前写しをおすすめする理由が他とはかなり違います。
お支度といっても制服や洋服を着替えるだけだし、ヘアメイクするわけでもありません。
お子様の場合、撮影時間も長ければ良いとは限りません。
特に小さいお子様の場合は機嫌の良いうちに済まさなければなりません。
では、なぜ前写しに限るのか。

入園式、入学式の当日はお子様にとって緊張の一日だからです。
式が終わって一息後の撮影と前写しでは、カメラの前に立つ余裕が全く違うからです。

前写しだからできるあれこれ

子供に限らず大人でもスタジオで写真を撮るとなると強張るのが普通です。
まして、入園を迎える頃のお子様にとっては固まるのは当たり前です。
そんな訳でフラッシュ撮影の前に自然光からスタートする場合もあります。
これも、前写しだからできることです。

それから最近、卒園式を着物、袴で出席する方が増えてきて、入学写真とセットで撮る方も多くなりました。
これも前写しでないとできません。

当写真館に限らず、記念撮影を計画の方は前写しを検討なされてはいかがでしょうか。

なお付け加えれば、当写真館では前写しキャンペーン中で料金も割安なのでした。

 

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらのホームページから。

サカヰ写真館の撮影の様子など最新の動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094
地図はこちら

フェイスブックはこちら

インスタグラムはこちら

ツイッターはこちら

4×5の時代に「さぶろく」はカルチャーショック

連写が出来るカメラ、モータードライブが登場しました。
しかし、1枚1枚、ポーズを決めて撮影していた写真館のカメラマンは
容易に連写が出来なかった。
頭の切り替え、あるいは身にしみ込んだ何かを捨てる覚悟が必要だった。

今、現在の話題に切り替えると
一眼レフカメラで動画が撮れるようになったから・・・
といって、誰でも動画が撮れないのと一緒です。

話を急がないで当時の昔話に戻ります。

カジュアル写真って何?

当時は4インチ×5インチのフイルムを使う大型カメラが写真館の常識だった。
4×5(しのご)絶頂の時代、
ブライダルがバブルに向かいつつあった頃の話。
35ミリカメラで36枚連写して商品にしようという波が起こりました。
いわゆる「カジュアル写真」です。

4×5(しのご)絶頂の頃、ましてそれがバブルに向かいつつある流れの中で、
真逆の35ミリ36枚撮りフイルム(さぶろく)で戦おうとする士が現われたのです。
業界に関係ない方に当時の状況を説明するのは至難の業。
業界の方でもデジタルがスタートラインの方にも似たり寄ったり・・・
なので、説明抜きで進めます。

「カジュアル写真」は「数有る写真」だと言う人がいました。
たくさん撮影すれば1〜2枚いい写真が撮れても当たり前だという言い分です。
今では、動画のカメラの進化が著しく、
動画から写真を起こすことができるようになりました。
動画で撮れば誰でもいい写真が撮れる・・・わけはないのです。

いきなりクイズ

4×5
6×9
24×36

一番大きいのはどれでしょう。

今日のCM

入学モデル

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらまで。

サカヰ写真館の撮影の様子など動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094

地図はこちら