アーカイブ

制服で中学校入学と着物で十三詣りの記念写真

小さい頃から節目ごとに来ていただいているお客様です。
ですが、県外に引っ越されました。
でも、前の住所に十三参りの案内を出したところ、回送されて届いたそうで、遠いところからわざわざ米沢まで来ていただきました。
聞けば引っ越し先には十三詣りの風習があまりないらしく、写真館でも着物を揃えてキャンペーンをやっているところがないとのことでした。

十三参りとは数え年の13歳、ちょうど干支が一巡りする年です。
おおよそ小学6年生の頃に健やかな成長を願って虚空蔵菩薩にお参りする古くからのしきたりです。
関西、特に京都では今でも盛んに行われています。
嵐山の法輪寺が有名です。
渡月橋を渡って法輪寺にお参りに行くわけですが、お参りしての帰り道、渡月橋を渡りきるまで後ろを振り返ってはいけないのだそです。

写真とは関係ない話になってしまいました。
米沢には十三参りの風習が残っていて、福島県柳津の円蔵寺に参拝に行かれる方が多い様です。

さて、小学6年生ももう直ぐ卒業で、間も無く中学校入学です。
これを機会に中学校の制服での入学記念と着物を着て十三詣りの記念写真のセットキャンペーンをしています。

十三参りキャンペーンについてはこちらをごらんください。

 

十三参りで記念写真

十三参りとは?

このブログで十三参りについて書くのは初めてです。

p13IMG_2095
まず、十三参りとはなんぞやとなるのですが
じつは、このワードプレスの固定ページでは当初から設定していました。
このブログを初めて見る方への説明ですが
上の方にあるメニューから「十三参り・中学入学」をクリックしてみてください。
そちらが固定ページです。

クリックと書いて、今、気付きました。
スマフォならクリックじゃないよね!
こんなところに時代の流れを感じる・・・
本題と関係ない話でした。

話を戻して、固定ページの説明で概要が掴めると思います。
二分の一成人式と違って由緒ある古い風習です。
なのに、一部の地域では盛んですが全国的にはまだまだ知られていません。
二分の一成人式の方が知れ渡っていると思われます。
ですが、意外や意外、米沢は古くから伝わっている一部の地域なのでした。
今でも福島県柳津町の円蔵寺までお参りに行く方が結構いらっしゃるはずです。

節目の記念写真は如何でしょう

数え年13歳はちょうど干支が一巡りする年です。
おおよそ小学6年生から中学1年生になるあたり、
心も体も大きく育つ境目といいでしょう。

そんな時に記念写真は如何でしょうか。
いかにも我田引水で説得力がないのですが・・・
なのではありますが、節目の記念写真は如何でしょうか?
というご提案なのでした。

お子様が小さい頃はお宮参りから始まり、
誕生日、七五三、入園、入学と毎年とはいかなくとも
定期的にイベントがあります。
それが小学校に入学するとそれらしい機会が見当たりません。
そこで提案しているのが小学4年生の二分の一成人式、
小学6年生から中学1年生あたりに十三参り、
そして、15歳の立志式なのでした。

 

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらのホームページから。

サカヰ写真館の撮影の様子など最新の動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094
地図はこちら

フェイスブックはこちら

インスタグラムはこちら

ツイッターはこちら