成人式の前写し ボケ味も写真の表現 米沢市の写真スタジオ


初期の頃の写真は動けばボケるものでした。
フイルム(あるいは乾板、種板、その昔は湿板)の感度が低く、また、レンズの明るさ(この辺は専門的なので流して読んでください)もなく、撮影される人はじっとしていなければなりませんでした。

昨今、カメラの性能は飛躍的に良くなりました。
また、日々、信じられないくらい進化し続けています。
ご存知のように携帯で写真も動画も普通に撮れる時代です。
写真はボケないものになったのです。
今は誰でも綺麗に写真が撮れるのです。

そうなると、ボケ味の写真が新鮮に見えてくるのは面白いことです。
明るいレンズ(絞りの開放値・・、流してください)、言い直せばプロ用の機材が必要になります。
また、感度、絞り、シャッタースピード、明るさなどの関係(露出)の知識と技術が求められます。

長々と書けば書くほど分かりにくくなりそうですね。

シンプルに結論。
成人式は前写しがオススメです。