4×5の時代に「さぶろく」はカルチャーショック


連写が出来るカメラ、モータードライブが登場しました。
しかし、1枚1枚、ポーズを決めて撮影していた写真館のカメラマンは
容易に連写が出来なかった。
頭の切り替え、あるいは身にしみ込んだ何かを捨てる覚悟が必要だった。

今、現在の話題に切り替えると
一眼レフカメラで動画が撮れるようになったから・・・
といって、誰でも動画が撮れないのと一緒です。

話を急がないで当時の昔話に戻ります。

カジュアル写真って何?

当時は4インチ×5インチのフイルムを使う大型カメラが写真館の常識だった。
4×5(しのご)絶頂の時代、
ブライダルがバブルに向かいつつあった頃の話。
35ミリカメラで36枚連写して商品にしようという波が起こりました。
いわゆる「カジュアル写真」です。

4×5(しのご)絶頂の頃、ましてそれがバブルに向かいつつある流れの中で、
真逆の35ミリ36枚撮りフイルム(さぶろく)で戦おうとする士が現われたのです。
業界に関係ない方に当時の状況を説明するのは至難の業。
業界の方でもデジタルがスタートラインの方にも似たり寄ったり・・・
なので、説明抜きで進めます。

「カジュアル写真」は「数有る写真」だと言う人がいました。
たくさん撮影すれば1〜2枚いい写真が撮れても当たり前だという言い分です。
今では、動画のカメラの進化が著しく、
動画から写真を起こすことができるようになりました。
動画で撮れば誰でもいい写真が撮れる・・・わけはないのです。

いきなりクイズ

4×5
6×9
24×36

一番大きいのはどれでしょう。

今日のCM

入学モデル

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらまで。

サカヰ写真館の撮影の様子など動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094

地図はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です