写真サイズの謎、インチにセンチにミリ


写真のサイズの呼び方には不思議なものがたくさんあります。
不思議とまではいかないにしろ、
一般の方にはなじみのないものはたくさんありそうです。
業界では普通に言う四切(よつぎり)、六切(むつぎり)、八切(やつぎり)、
これは何を基準としてそう読んでいるのか。

写真のサイズでは全紙という基準があります。
でも、四切は全紙の四分の一ではないのです。
全紙から四切は2枚しか取れません。
六切はどう六分割するのか・・・
じつはこれも全紙から4枚しか取れません。

写真のサイズはインチが基準

前回のブログで4×5(しのご)の話をしましたが
これは4インチ×5インチの事でした。
その4倍の大きさ8インチ×10インチが六切。
ちなみに業界では8×10を「エイトバイテン」と呼びます。

どうでも良いのですが整理するとすべてインチで

  • 全紙 18×22
  • 半切 14×17
  • 四切 10×12
  • 六切 8×10
  • 八切 6.5×8.5
  • 2L判 5×7
  • L判  3.5×5
フイルムのサイズはミリやセンチ

ところがフイルムの単位はセンチ、あるいはミリになります。
8ミリ、16ミリ、35ミリなどの響き、
まだ耳に残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、ブロニーと呼ばれる6センチ幅のフイルムがあり
それをどう区切るかでカメラの種類が違っていました。
6センチ×9センチが6×9(ろっきゅう)です。
他にも6×8、6×7、6×6、6×4.5等々ありました。
過去形はまだ早いのかもしれませんが・・・

それで、35ミリカメラの写真が写るサイズが
24ミリ×36ミリ、いわゆるライカ判なのでした。

クイズの答え

4インチ×5インチ
6センチ×9センチ
24ミリ×36ミリ

一番大きいのは一目瞭然ですよね。

今日の動画はお宮参り

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらまで。

サカヰ写真館の撮影の様子など動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094

地図はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です