4×5の時代からブロニーの時代へ


写真館の昔話です。
デジタル以前、フイルムの時代の話。
4×5(しのご)と呼ばれた大型カメラで1枚、1枚写真を撮っていた頃に
業界で「カジュアル写真」なるものが一つの大きなウェーブになりました。
35ミリフイルム36枚撮り、通称「さぶろく」1本連写し、
それを商品化しようとした当時としてはかなり大胆な試みでした。

悩ましい問題

連写なんて誰でも出来そうなものですが、どっこい、難しいものです。
でも、それは技術的なことなのでここでは省略します。

さて、36枚連写する事ができたとします。
同時プリントして36枚プリントが上がりました。
悩ましいのはここから先なのでした。

まずカメラマンがそれを見て良く撮れたと思うものを選びます。
写真の裏に印をつけ、特にベスト3には◎をつけるのです。
それをシャッフルしモデル、あるいはお客様に見てもらうとどうなるか・・。

取り組み始めた当初はカメラマンの予測がことごとく外れるのでした。
少なくとも私の場合はそうでした。
一番嫌われるのがカメラを見つめての「にこぱち」
にこっとしたところでパチリの写真です。

それまで「にこぱち」を撮るために、いかに訓練してきた事か・・・

カルチャーショックから生まれたもの

でも、何度か繰り返してゆくと確率がよくなり、
お客様の求めている写真に気付くようになるのでした。

お客様に写真を選んで頂く、今では当たり前のシステムがこうして生まれたのでした。

カジュアル写真は高度の技術が必要な上に、
労多くして利益が上がらない側面があったので結果的には定着しませんでした。
しかし、そこからは計り知れない成果が生まれました。

次第に、4×5からブロニーの時代になって行きます。

これ以上書くと長くなりそうなので

七五三動画を紹介

 

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらまで。

サカヰ写真館の撮影の様子など動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094

地図はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です