デジタルカメラの歴史から考える

デジタルカメラの黎明期

Wikpediaで調べてみました。

1975年、発明したのはコダックです。
しかし、ご存知の通りデジタルの普及に対応しきれず倒産してしまいました。
皮肉なものです。
でも、当初はここまで進歩、普及するとは誰も思っていなかったはずです。

商品が生まれるまで発明から15年かかります。
1975年、初めて市場にデジタルカメラが現れました。
「Dycam Model 1」モノクロ9万画素。定価995ドル。
誰が使ったんでしょうね。
仕事ではほとんど使い物にならないでしょうから、高い玩具くらいの感覚でしょうか。

1993年、それからわずか3年後「FUJIX DS-200F」39万画素の登場です。
定価本体22万円、別売充電池2万円、16MBフラッシュメモリ6万5千円。
性能で言えばまだまだフイルムにはかないません。

1995年、それから2年後にプロ用デジカメ登場です。
7月、キャノン「EOS DCS 3」130万画素。定価本体198万円。
9月、ニコン「E2/E2s」130万画素。「E2」定価110万円。「E2s」定価140万円。
12月、キャノン「EOS DCS 1」600万画素。定価本体360万円。

なんか、この加速するスピード感ってドラマですよね。

写真は話と関係なく成人式の前写しから。

写真の歴史はカメラとともにある

説明するまでもなく写真の歴史はカメラの歴史でもあります。
湿板から乾板、そして、フイルムへ。
また、カットフイルムからロールフイルムへ。
また、カメラも連写ができる自動巻き上げ・・そうそう、モータードライブと言いました。懐かしい言葉です。
話が横道にそれますので軌道修正。

写真業界もデジタル化で大きく変わりました。
フイルムの時代、特にカラー化になってからはラボ全盛の時代もありました。
ほんのちょっと前くらいに感じます。
そして今は、一般的にはデジカメよりスマフォの時代です。

例えばiPhone7の性能は
1,200万画素、手ぶれ補正機能付き6枚構成レンズ、4K撮影ビデオ、・・・
いや、これはカメラではないのです。
スマフォの一部の機能なのでした。

写真館も変化が求められる

写真を撮るだけだったら誰でも綺麗に簡単にできるようになりました。
写真館も激流に飲み込まれています。
答えはないのですが変わらなければなりません。

 

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらから。

サカヰ写真館の成人式撮影の様子を動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094
地図はこちら

フェイスブックはこちら

インスタグラムはこちら

ツイッターはこちら

投稿日: 2017年3月9日 カテゴリー: 成人式

振袖は購入かレンタルか、いつ頃に決めると良いのか

どれくらい前から振袖を準備すれば良いものでしょうか。
最近は2年前、早いと3年くらい前から振袖のDMやら案内がお客様の手元に届くようです。
品物にこだわるなら先手必勝。
ただ、毎年、新作が出るわけであまりにも早く決めるのも考えものです。
また、購入するかレンタルするかでも違います。

購入の場合

一生の買い物になりますので情報は早めに、また、十分に集めた方が良いでしょう。
おおよそ各メーカーから新柄が発表されるのが12月頃。
京都で業者向けの展示発表会がありそこからの流れになります。
当然、成人式が1月という前提で新柄は2年先の設定です。
2年前から1年前にかけて決めるのが一般的です。
でも米沢の場合は5月なのでタイムラグがあります。
12月に発表された新柄を翌年5月に選んで十分間に合うし、逆に、最新の物が目当てなら2年前より1年前がベストタイミングとも言えます。

レンタルの場合

新柄生地から選ぶオーダーの場合と仕立て上がった着物から選ぶかによって違います。
オーダーレンタルの場合は新作のレンタルになるので購入と全く同じ考え方になります。
仕立て上がったものをレンタルする場合は品質も価格もピンキリで、何を基準にするかで決まります。
ネットレンタルなら1週間前でも間に合うかもしれません。
ただ、値段も柄や品質もそれなりにということであればやはり2〜1年前くらいが理想です。
早いほどたくさんの中から選べるので選択肢の幅が広がります。
半年を切るとちょっと不安といったとこでしょうか。

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらから。

サカヰ写真館の成人式撮影の様子を動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094
地図はこちら

フェイスブックはこちら

インスタグラムはこちら

ツイッターはこちら

投稿日: 2017年3月5日 カテゴリー: 成人式

卒業式・成人式 写真も衣裳も品質と満足感が問われる時代

米沢の方に限れば短大生の場合、卒業後に成人式(5月)となります。
でも、地元の短大とはいえ地元でない方が多い訳です。
それで卒業記念の前写しの際
「成人式の写真はいかがでした?」
なんて話題になります。
夏に成人式の方もいるのですがおおよそは済んでいて率直な感想を聞くことができます。

気に入っている方、思い通りでなかった方、いろいろです。
会話だけの情報で確たることは言えませんが、従来通りの見開きの台紙に貼った写真(テレビドラマなどで見合い写真に出てくる形態)は少なくなっているようです。
アルバム形式や写真集だったり、データ付き、逆にデータが中心の方もいらっしゃいました。
現物を見た訳ではないのですが写真の内容も様々のようでした。
また、写真館ではなくレンタル衣装店や呉服屋さんで撮るケースも多いようです。
写真の内容は別にして、一箇所で集中しての撮影が不満だったなどという声も聞かれました。

などと、卒業記念写真と関係ない話のようですが、成人式写真を卒業式写真と置き換えれば事情は全く同じです。
写真館も衣装店も境目なく、衣装、写真の品質から品揃え、また、価格、サービス、他・・までトータル的に問われる時代になりました。

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらから。

サカヰ写真館の卒業記念撮影の様子など最新の動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094
地図はこちら

フェイスブックはこちら

インスタグラムはこちら

ツイッターはこちら

投稿日: 2017年3月3日 カテゴリー: 卒業式

振袖はどれくらい前から決めるの?

成人式の前写しが続いています。
米沢の成人式は5月なのでちょうど今ころから多くなってきます。
振袖を決めるのが第一段階、前写しが終われば大きな山場を越えたことになるのでしょうか。
あとは、当日を待つだけです。

どれくらい前から準備すれば良いか

さて、来年、再来年とこれから成人式を迎えられる方は、いつ頃から準備をすれば良いかと悩まれる方も多いのではないでしょうか。
最近は2年前くらい、早いと3年前くらいから振袖のDMやら案内がお客様の手元に届くようです。
品物にこだわりのある方は先手必勝なのは間違いありません。
ただ、毎年、新柄の新作が出るわけであまりにも早く決めるのも考えものです。

早めに情報を集め2年から1年半前までに決めれば安心、最新の新柄がご希望なら1年前の展示会で決めても間に合います。
ただし、1月が成人式という前提なので、米沢の場合はタイムラグを見た方が良いかもしれません。

どんな選び方があるか

まずは、購入するかレンタルするかに分かれます。
ここではレンタルについて書いてみます。

一番リッチなのはオーダーレンタルです。
新柄から選んでお客様の身丈に合わせて仕立てます。
購入と同じで流行の最先端の着物が着られます。
展示会で実際に生地を見ながら選ぶ段取りになります。

次に仕立てあがっている振袖から選ぶ方法があります。
お値段もずっとリーズナブルです。
ネットレンタルでは10,000円を切るものさえあり、品質から値段までピンキリです。
どの辺を基準にするかはお客様の判断です。

第3の選択

購入、レンタルの他にもう一つの選択肢があります。
姉妹で共有、親戚から借りるなどです。
今、密かに見直されているのが母の着物(ママ振り)です。
基本的にいずれも購入した衣装なので高価で品物もいいはず。
コーデ次第で見違えるように活用できます。

「ママ振り」について

ママ振り(お母さんの振袖)が見直されているのは、お母さんの世代は購入する方が多かったからです。
品物は高価なのにただ眠っている、それをなんとか活用できないかという流れがあるのです。
そして、母親の気持ちとして娘に着せてみたい気持ちも大きいはずです。
ただ、やはり新しい物も着せたい。
それではどうするか。
成人式では両方は無理ですが写真なら両方着て撮ることができます。

2着の振袖で記念写真はいかがでしょうか。
これも相当贅沢なことだと思います。

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらから。

サカヰ写真館の成人式撮影の様子を動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094
地図はこちら

フェイスブックはこちら

インスタグラムはこちら

ツイッターはこちら

投稿日: 2017年3月2日 カテゴリー: 成人式

右手でピース、左手で丸印、これで二十歳のV サカヰ写真館の定番です

右手でVサイン、左手で丸、これで2と0に見立てて20歳のVサインです。
写真スタジオでVサインの写真ですかと訝る方もいらっしゃるかもしれません。
でも、サカヰ写真館では定番になっていてます。
結構人気があってプリントしてくださる方も多いです。

昔は成人式の写真はポーズをとってきちんと撮る、それしかありませんでした。
次第に多ポーズなり、さらには多シチュエーションの時代になります。
そんな時に考え出したのが20歳のVサインでした。

また、ハタチの頃、夢中なこと、熱中していること、頑張っていること、まあ、なんでもいいんですがそれが分かる物と一緒に撮ってみたいと思ったりしました。
実際に楽器を持ったり、スポーツの道具を持って撮ったりもしました。
でも、残念ながら普及までは至っておりません。
まあ、振袖はどんな色や柄にするかから始まり、帯、草履、バックなどの小物のコーディネート、髪型や髪飾りなどなど、細部まで気にかけることが山ほどあります。
そこに、こちらの思いを説明して、理解していただいて、実際の撮影までとなるとちょっとした労力がいるのでした。

これが今、二分の一成人式でやっている取り組みに繋がっています。
二分の一で撮影した方が成人を迎える時には、もっとすんなり実現するのかもしれません。

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらのホームページから。

サカヰ写真館の撮影の様子など最新の動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094
地図はこちら

フェイスブックはこちら

インスタグラムはこちら

ツイッターはこちら

投稿日: 2017年2月27日 カテゴリー: 成人式

矢絣は卒業衣装に根強い人気 記念写真前写し進行中

矢絣の衣装です。
矢は一直線に前へ進む、また、的を射るなどの例えから矢絣の文様は縁起が良いと言われています。
戻ってこないということで江戸時代には嫁入りの支度にも使われていたようです。
明治・大正時代には女学生の定番衣装になりました。

そんなことから矢絣は今でも女子学生の卒業式衣装として変わらぬ人気があります。
写真の衣装は矢絣に桜があしらってあり、卒業式にぴったりのデザインになっています。

また最近では、伝統にこだわらないモダン柄なども出てきました。
個性や好みで幅広い選択ができます。
来年以降に卒業の方は早めに衣装を決められることをお進めします。

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらのホームページから。

サカヰ写真館の撮影の様子など最新の動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094
地図はこちら

フェイスブックはこちら

インスタグラムはこちら

ツイッターはこちら

投稿日: 2017年2月26日 カテゴリー: 卒業式

卒業記念写真も型にはまった定番写真からの変化

こちらのブログで卒業式記念写真について書くのは初めてなんですね。
ブログのカテゴリーの欄を見て今初めて気が付きました。

さて、2月も末、卒業の前写しも大詰めになってきました。
どうしても写真館の記念写真は型にはまったものになりがちです。
特に袴姿での卒業記念写真は卒業証書を持って立って全身で写すという定番があります。
それ1枚で良ければ当日撮影して十分間に合うことになります。

でも、最近は少し事情が変わってきました。
ブライダルの記念写真を思い起こしてください。
きちんとポーズをつけた写真の他に色んなバージョンがあります。
最近ではアウトドアでの撮影に人気があったりします。
さすがに卒業の場合はそこまで盛り上がらないのですが傾向は同じだと感じています。

上の写真はブログ用にと大胆なポーズをお願いしているのですが、なんと最近、定番のポーズよりこちらの写真のほうが良いというお客様も出てきました。
時代は変化するんですね。

ということで、卒業写真も前写しがオススメです。

 

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらのホームページから。

サカヰ写真館の撮影の様子など最新の動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094
地図はこちら

フェイスブックはこちら

インスタグラムはこちら

ツイッターはこちら

投稿日: 2017年2月26日 カテゴリー: 卒業式

成人式の前写し ボケ味も写真の表現 米沢市の写真スタジオ

初期の頃の写真は動けばボケるものでした。
フイルム(あるいは乾板、種板、その昔は湿板)の感度が低く、また、レンズの明るさ(この辺は専門的なので流して読んでください)もなく、撮影される人はじっとしていなければなりませんでした。

昨今、カメラの性能は飛躍的に良くなりました。
また、日々、信じられないくらい進化し続けています。
ご存知のように携帯で写真も動画も普通に撮れる時代です。
写真はボケないものになったのです。
今は誰でも綺麗に写真が撮れるのです。

そうなると、ボケ味の写真が新鮮に見えてくるのは面白いことです。
明るいレンズ(絞りの開放値・・、流してください)、言い直せばプロ用の機材が必要になります。
また、感度、絞り、シャッタースピード、明るさなどの関係(露出)の知識と技術が求められます。

長々と書けば書くほど分かりにくくなりそうですね。

シンプルに結論。
成人式は前写しがオススメです。

投稿日: 2017年2月25日 カテゴリー: 成人式

成人式は前写しがお薦め。成人式当日撮影の方は早めのご予約を

前写しが進行中です。
前写しとは撮影のためにお支度するシステムです。
お支度が2度になるわけですので費用が掛かるわけですが、それでもお薦めする理由があります。

その1 まずは時間的余裕

お支度も時間に追われることなく、ヘアメイクなども相談しながら進めることができます。
当然、撮影の時間もゆっくりと十分取れます。
ライティングも微妙に調整したりイメージによって背景を変えたり、また、アウトドアの撮影も可能です。
また、家族での撮影なども前写しに限ります。
親子で撮ったり、兄弟、または祖父祖母との1枚などの思い出の組み合わせも自由にできます。
家族のカメラでの撮影、携帯でのスナップの時間なども十分にあります。

その2 品質のクオリティーも上がります

当日撮影は品質が悪いというのではありません。
ただ、当日は時間に制限がありマニュアルに沿った効率的な撮影になってしまいます。

その3 心の余裕

1回目はシミュレーションといえます。
前写しのお支度の際、気づいたことがあれば当日のお支度に生かすことができ、あるいは前写しはクラッシックに、当日は祭典風に派手気味になどど雰囲気を変えることもできます。
お楽しみが2回というわけです。

サカヰ写真館では衣装レンタルしていただいた方は前写しのお支度代が無料です。
詳しくはこちらをごらんください。

 

投稿日: 2017年2月24日 カテゴリー: 成人式

成人式の不思議な定番、ショールとVサイン 

ふと、思い出して昔買った写真集を引っ張り出してきました。
昔と言っても発行は2011年。
写真集の題名は「成人式」あるいは「SEIJINSHIKI』。
著者、あるいは、カメラマンはシャルル・フレジェ。
改めて写真集の帯を見てみると恐ろしい様なコピーが綴られています。

>ユニフォームをテーマに、スポーツや学校、軍隊などを撮影したポートレートのシリーズを発表するシャルル・フレジェによる最新作「成人式」収録。

まあ、この辺は良いとして

>着物、ファー、Vサイン。シャルル・フレジェが成人式に見たものは、単なるエキゾティズムを超え、現実と夢、意味と無意味、生と死との邂逅だった。・・・

いやいや、もう少し一般向けに話を戻しましょう。

日本人にとっては振袖にショールにVサイン。
ありきたりな風景で、現実と夢、意味と無意味、生と死・・などと考える人はいません。

今日はここまで

 

投稿日: 2017年2月23日 カテゴリー: 未分類