写真館昔話。白黒の時代から4×5の時代まで。


せめて一週間に一回くらいは更新をしようと思いつつ
何かしらテーマのようなものが思いつかないと
ワードプレスのブログは書きにくいのでした。
それで、昔話でもしてみようかと思いついたのでした。

写真館の流れを振り返ってみる

といっても、明治までは遡れませんので
白黒からカラーに変わる辺りからスタートします。

白黒の時代は写真館の写真は密着プリントが普通でした。
つまり、ネガのサイズ、イコール、写真のサイズ。

撮影方法はポーズを決め、照明をし、ピントを合わせ、
フイルムを詰めて、カメラのシャッターを設定し、
表情や微妙なポーズやしぐさを誘導し・・・
シャッターを切る。

当然、連写なんてありません。

4×5の時代

白黒時代は各写真館に暗室が有りプリントは自家製でした。
カラープリントに移行して行く過程でプリントはラボの仕事になりました。
初期の引き延ばしには限界が有り
フイルムは4インチ×5インチの、業界用語では「しのご」4×5が主流になります。

撮影方法は白黒時代とほぼ同じ。
業界用語でいえば、型物写真の時代が続きます。

時代は高度成長。
人類が初めて月に行った頃の話。
ブライダル産業が目まぐるしく急成長。
やがて、ブライダルのバブルが訪れます。

今日はここまで・・・

今日の動画

話の内容となんら関係ないのですが、
兄弟で七五三と 二分の一成人式記念と一緒の撮影が続きましたので載せてみます。

山形県米沢市周辺(東置賜郡川西町、高畠町、南陽市、長井市、西置賜郡飯豊町、小国町、白鷹町、福島市、喜多方市、会津若松市)でスタジオ記念写真、動画、レンタル着物、ドレス、卒業アルバムなどのお問い合わせはこちらまで。

サカヰ写真館の撮影の様子など動画で紹介しています。
こちらでご覧下さい。

米沢市の写真スタジオ「サカヰ写真館」(サカイ写真館)
米沢市中央2-2-12
TEL 0238-23-3094

地図はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です